2018年5月26日土曜日

読了:アテンション

「アテンション」を読みました.

Ben Parr: アテンション, 飛島新社, 2016-03 [アマゾン, 楽天]

本書についてのメモを以下に記しておきます.

情報が満ち溢れる現代において,人々の注目は風のある日の風見鶏のようにあちらこちらに向けられている.1つの対象に対して向けられる注目の時間は昔より少なくなっているのだ.そのような状況において,1つのものに注目を寄せ続けてもらうのは難しい.だから,注目について理解し,その性質に従って適切に振る舞うことが重要になってくる.

注目は即時,短期,長期の3種類に分類される.即時の注目とは,まわりの世界に対する人々のすばやい無意識の反応のことである.この注目は,ほんの数秒しか持続しないので,すぐに忘れ去られるか,短期の注目に移るかのいずれかとなる.次に,短期の注目とは,特定の出来事や刺激に対する人々の短期的な集中のことである.この集中を持続させることができれば,長期の注目を獲得できる.最後に,長期の注目とは,人々の興味を途切れなく,深くつなぎ止めた段階のことである.この段階に至れば,作り手の思惑通りに事が進む可能性が高まる .

3つの注目には,それぞれを獲得するための手法がある.それは,自動,フレーミング,破壊,報酬,評判,ミステリー,承認の7種類のトリガーである.即時の注目を獲得するのに有効なのは,自動トリガーである.自動トリガーとは,対比か無意識の連想によって,特定の感覚的手がかりに注意を向ける傾向このことである.次に,短期の注目を獲得するのに有効なのは,フレーミングトリガー,破壊トリガー,報酬トリガーである.フレーミングトリガーとは,相手の世界観にしたがうか,それを覆すことによって注意を向けてしまう傾向のことである.破壊トリガーとは,人々の期待をあえて裏切り,注目するものを変えさせるのに効果がある.報酬トリガーとは,報酬により人々のモチベーションを向上させる傾向である.最後に,長期の注目を獲得するのに有効なのは,評価トリガー,ミステリートリガー,承認トリガーである.評価トリガーとは,専門家,権威者,大衆の評価を用いて,対象への信頼性が高まったり,魅力が高まったりする傾向である.ミステリートリガーとは,謎や不確実性やサスペンスを作り出して,最後まで関心をつなぎ止める働きのことである.承認トリガーとは,自分を承認し,理解してくれる人に寄せる関心のことである.これら7つのトリガーを適切に組み合わせれば,即時から長期まで注目を維持することができる.

「いいものさえ作れば客は来る」?まったく困った考え方だ.このフレーズを見たとき,ドキッとした.なぜなら,「いいものさえ作れば客は来る」は自分がいつも念頭に置いているポリシーだからだ.いきなり脳天を撃ち抜かれた感はあったが,逆にどうしてそんなことが言えるのか興味をそそられてしまった.多分,最初に紹介したフレーズは本書に記されているフレーミングトリガーなのだろう.相手の世界観を覆すというその手法により,まんまと自分の注目は本書に寄せられてしまったようだ.本書で紹介されている7つのトリガーはいずれも使いやすい手段のように思える.それらの効果は,実践を通して確かめていきたい.

2017年10月17日火曜日

Eclipse WTP + TomcatでHTTPS通信を行う方法

Eclipse WTP + TomcatでHTTPS通信を行う方法をメモしておきます.

1. 次のコマンドを実行した後,パスワードとオレオレ証明証の発行に必要な情報を入力する.
$ keytool -genkey -alias tomcat -keyalg RSA -keystore workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/conf/localhost-rsa.jks
2. Project Explorerの「Servers->Tomcat vX.X Server at localhost-config->server.xml」を選択
3. server.xmlに次の内容を追加(コメントとして雛形があるので,それを解除).
<Connector port="8443" protocol="org.apache.coyote.http11.Http11NioProtocol" maxThreads="150" SSLEnabled="true">
  <SSLHostConfig>
    <Certificate certificateKeystoreFile="conf/localhost-rsa.jks" certificateKeystorePassword="XXXXXXX" type="RSA" />
  </SSLHostConfig>
</Connector>

2016年11月5日土曜日

[読了]習慣の力

「習慣の力」を読みました.

Charles Duhigg: 習慣の力, 講談社, 2013-04 [アマゾン, 楽天]

本書についてのメモを以下に記しておきます.

とある研究成果によると,毎日の人の行動の,実に40%以上が,「その場の決定」ではなく「習慣」だそうだ.習慣には良いものもあるし,悪いものもある.行動に占める習慣の領域がそれほど広いのであれば,どちらの習慣がそこに収まるかによって,人生の過ごし方が変わってくるはずだ.ただ,習慣のコントロールは難しい.気づいたときには身についているもので,やめようと思ってもやめられないし,良かれと思って始めてみても,なかなか続けられない.習慣というのは本当にやっかいなものだ.

しかし,近年の研究成果によると,そうでもないらしい.習慣とは何とかコントールできる対象のようだ.本書は,様々な個人,組織,社会と様々なレベルの事例を挙げながら,その方法を解き明かしている.

習慣とそれをコントロールするためのポイントは以下のとおりである.

  • 習慣は,欲求により作動された,きっかけ,ルーチン,報酬からなるループである.
  • 欲求,きっかけ,報酬を変えるのは難しいが,ルーチン(毎朝ジョギングするとか,タバコを吸うとかに当たる)は変えられる.
  • きっかけと報酬を見える化する.そして,そのきっかけのときに,その報酬が得られるような行動を行う.その行動が両者に結びつけば,ルーチンとなる.
  • つくりかえた習慣のループを永遠のものに変える要素は,「信じる」ことである.
  • 連鎖反応を起こして他の習慣を変えていくような習慣のことをキーストーン・ハビットと呼ぶ.
  • キーストーン・ハビットが与えれてくれるのは,「小さな勝利」(大きな勝利にもう少しで手が届くと思わせるもの)と呼ばれるものである.
  • キーストーン・ハビットの一つに意志力(無意識に自分を制御する習慣)があり,個人の成功にはこれが求められる.
  • 「ものごとを自分でコントロールしている感覚」は,意志力の保持に役立つ.
  • 新しい習慣を売り込むには,新規のものを古い習慣に見せるようにする.

2015年8月2日日曜日

共有するGitリポジトリを作成する方法

共有するGitリポジトリを設定する方法をメモしておきます.

$ groupadd group
$ usermod -G group user
$ mkdir /path/to/repository.git
$ git init --bare --shared /path/to/repository.git
$ chown -R user:group /path/to/repository.git

2015年6月13日土曜日

GEAのDataNucleus Enhancerが異常終了する問題

GEAのDataNucleus Enhancerが「java.lang.NoClassDefFoundError: org/w3c/dom/ElementTraversal」という例外で異常終了する問題に出くわしました.この問題の解決方法をメモしておきます.

  • 「/WEB-INF/lib」(別のフォルダでもいいかもしれない)に「xml-apis-X.X.X.jar」と「xercesImpl-X.X.X.jar」を配置する(Xは適当な数字).
  • それら二つのJARファイルを「Java Build Path」の「Libraries」に追加する.

今回は,[1]の質問に対する回答を参考にしました.

[1] AppEngine Error [ java.lang.NoClassDefFoundError: org/w3c/dom/ElementTraversal ], http://stackoverflow.com/questions/10234201/appengine-error-java-lang-noclassdeffounderror-org-w3c-dom-elementtraversal

2015年4月22日水曜日

CSSではみ出した部分を「…」にする方法

CSSではみ出した部分を「…」にする方法をメモしておきます.

.hogehoge {
    width: 4em;
    white-space: nowrap; 
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
}
<div class="hogehoge">どうしてプログラムのサンプルに使うテキストは「ほげほげ」なんだろう?</div>

「text-overflow: ellipsis;」と記せば,「…」にならなかったので,何でだろうとずっと悩んでいたのですが, このプロパティは,先の例のように他の3つのプロパティといっしょに使わないと効果が発揮されないんですね. ようやく謎が解けた.\(^O^)/

2015年4月19日日曜日

ロジスティック回帰をJavaで実装

文献[1]で紹介されているロジスティック回帰をJavaで実装してみました.

ロジスティック回帰は,分類問題に適用できる機械学習手法の1つです(確率化したパーセプトロンという理解でいいのかな). 文献で紹介されているとおりあらかじめ用意したデータを分類する関数を求めてみました. グラフにした結果は次の図のとおりです. 青の点が正解,赤の点が不正解,黄色の直線がそれらを分類するために推定された関数,オレンジが正解になる確率が0の領域で,緑が1の領域です. 直線付近は,正解と不正解の境界になっているので,正解になる確率がどんと落ちてます.

ちなみに,これまでグラフはExcelで描いてきたのですが,今回は難しかったので,d3.jsを使ってみました(かなりゴリ押しですけど). 使ってみて思いましたが,大本の文献で使っているPythonがやっぱり一番簡単そうですね.

[1] 中谷 秀洋: ロジスティック回帰を実装してみよう, 機械学習はじめよう 第20回, http://gihyo.jp/dev/serial/01/machine-learning/0020